iPhoneのGPSで浮気の証拠を掴む調査方法

最近の携帯電話には、当たり前のようにGPS機能が付いています。
GPSとは、Global Positioning Systemの略で、人工衛星を利用した位置情報システムの事です。

私の場合、iPhoneのGPS機能を使ってパートナーの浮気を発見しました。
我が家では、私もパートナーもiPhoneを使用しており、設定作業全てを私が受け持っていた為、パートナーのiPhoneについても紛失時の為にGPS機能を有効にしておいたのです。
どんな場合でも使えるというものではありませんが、参考までに紹介しておきます。

iPhoneのGPSで浮気の証拠を掴む方法

パートナーのiPhoneの位置情報を調べるには、予め対象となるiPhoneで位置情報サービスが有効になっている必要があります。
また、iPhoneの位置情報を調べるには、iCloudのID及びパスワードが必要になります。
ご家族の場合、AppStoreのアプリを共同利用する為に、同じIDになっている場合も多いでしょう。

iPhoneの位置を調べるには、パソコンであればInternetExplorerなどのブラウザ、iPhoneであれば「iPhoneを探す」という専用アプリを使用します。

iPhoneでGPS機能を有効にする設定

  1. 「設定」>「iCloud」をタップ
  2. 「iPhoneを探す」を有効に変える
  3. 「OK」を選択して設定完了

最新バージョンでは、有効になっている「iPhoneを探す」を無効にする為には、iCloudのID及びパスワードが必要になりました。
また無効化した際には、iCloudのIDに使用しているメールアドレスに通知が届きます。

GPSで位置情報を確認する方法

  1. https://www.icloud.com/にアクセスし、ID(メールアドレス)とパスワードを入力してログイン
  2. 「iPhoneを探す」のアイコンをクリック
  3. 「すべてのデバイス」をクリックして、対象のiPhoneを選択クリック

「オフライン」は電源オフか圏外の状態。
「オンライン、位置情報サービスオフ」は、位置情報の機能だけを無効にしている状態です。

iPhoneの位置が地図上に表示されます。
画面左上の「  -」をクリックすると、地図を拡大・縮小する事ができます。
相手側にばれる可能性がありますので、画面右上のアイコンは触らないようにしましょう。

自分のiPhoneで相手の位置情報を調べるには、「iPhoneを探す」というアプリをインストールすればOKです。

参考:浮気 証拠 gps

GPSの浮気の証拠能力

私の場合は、iPhoneの位置情報を元に、会社の食事会の筈のパートナーがホテルにいる事を突き止めました。
密会現場のホテルに行き、パートナーの不貞行為が明らかになりました。

パートナーがホテルにいる事を知って動揺。
感情のままに行動してしまった結果、浮気は明らかになったものの、結局相手はホテルから出て来なかった為、写真などの証拠は何も残せませんでした。

これでは、相手に慰謝料を請求する事もできませんし、離婚になった場合の、パートナーの不貞の証拠も残りません。
浮気を明らかにして、パートナーを取り戻したいだけなら良いのですが、慰謝料請求や離婚を考えるなら、興信所に依頼して証拠を押さえた方が良いでしょう。