借金があるのに結婚したらどうなる?

借金があるのに結婚する女

借入を抱えたまま、入籍を考えている女性もいるかもしれません。
借金を返済しないでそのまま結婚をしたら、相手にその迷惑がかかるのではないか?と心配されている方もいるのではないでしょうか?

確かにお金を借りていると何らかの影響はあるでしょうが、少なくとも入籍前に作った借入を、配偶者の方が返済義務を抱えるということはありません。

だから、金銭的な負担にはならないのですが、でも結婚をしたら、さすがに夫婦で一緒に返していくというのが現実的な策になると思われますから、事実上多少の負担はかかってしまうかもしれません。
だから、少なくとも挙式前には、借金のことは話しておいたほうが良いです。

言いづらいことであるのは間違いないですが、それをを言わないでおくと、信用できない女になってしまいます。
これから夫婦になろうとしている人が、そんな大事な隠し事をしていると分かれば、幻滅される可能性もあるからです。

したがって、言いづらいですし、もしかしたら負担になってしまうかもしれません。
ただ入籍後のトラブルを防ぐ意味とお互いの信頼を育む意味でも、借金を抱えているのならば、それはきちんと話したうえで挙式をしていくというプロセスの方が良いのではないでしょうか?

参考:借金と結婚|借金女でも結婚できた彼氏と幸せになる方法

借金があるのに結婚する彼氏

借金と結婚には、深い関係があります。
もしも配偶者となるべき彼氏に借入があったならば、躊躇してしまう人が大半です。

また、相手が借金していることを知らずに入籍し、それが発覚した時に離婚となったり、挙式後に相手が消費者金融などのローンを利用してしまい、返済の負担から離婚に至っている夫婦は少なくありません。

結婚とは、恋愛ごっこではなく生活、人生そのものであり、それらには必ずお金がつきまとい、お金無くしては幸せは無いとまでいえるくらい大切な要素です。
お金が無ければ食べられない、精神的余裕が得られない、他人と比べて惨めになってしまう、病気になっても治療費がないと、散々な目にあってしまいます。

借金がありながら結婚相手を求める彼氏は、相手に一緒に負債を背負ってと言っているようなものであり、無責任といえます。
入籍前には借入を清算しておきましょう。

借入があるままでしたら、相手の女性にも負担を背負わせてしまうのです。
事前調査により、お金を借りていることが発覚し、破談となる例もあります。

特に男性は、妻を養わなければならない身です。
借金がある状態ではまともな女性との結婚は難しいと言えます。

多くの夫婦が金銭面の問題からこじれていますので、お金の問題については真摯に向き合いたいものです。

借金があると結婚できない?

どうして結婚しないんですか?と聞くと、お金がなくてできないという声を聞くことが多いです。
でも、本当に結婚にはお金が必要なのでしょうか?

確かに、親に借金をして挙式の資金を捻出したという友人の話も聞きます。
借金と言っても、さすがにローンを組んで挙式という話は聞きませんが、積立て定期預金は一般的な金融商品でしょう。

私たち夫婦の場合、双方の意見が奇跡的に一致し、「結婚式は二人で挙げるが、披露宴はしない」という方法をとりました。
不思議とどちらの親も異を唱えず、式にすら参列せず、その時に撮った写真だけ大切に保管していただいております。

こうすんなりと方向性が一致する夫婦(結婚前の為、カップルと言った方が正しいでしょうか)と言うのは珍しいかも知れません。
「ジミ婚」にした理由は、そのお金を新生活や子供の為に割こうという意図があってのことです。

挙式できるくらいの資金を貯めてから挙式をしたため、割合余裕のある新生活となったのですが、すぐに子供が出来たり、転職の関連で引っ越し、移動手段としての車を購入するなど、すぐに資金は減っていきました。

そこまで予測していたわけではありませんが、結果的に「ジミ婚」で節約したお陰で、なんとかやりくりできたことになります。
もしもそうでなければ、借金をしながらの生活になったでしょう。

親に借りるか、金融機関に借りるか……。
ともあれ、その後は順調に生活しており、今では家のローンに苦しみながら、楽しい毎日を送っています。